病気とはなにか

人間の健康状態を限りなく支配しているのは、精神のようなバイタルフォース(自己統治の力:アウトクラティー)である。これはダイナミック・エネルギーとして、物質的な体(有機的身体)に生命を付与する。

 

しかもこのバイタルフォースは、感覚と機能において生命活動が驚嘆するほどに調和した状態にあるように、体の全ての部分を維持する。したがって、私たちの内に住まう理性的な精神は、この生きている健康的な道具を、私たちの人生における、より高邁な目的のために自由に役立てることができるのである。

 

物質的な体にバイタルフォースがないと考えられるなら、そういう体は、いかなる感覚も、いかなる機能も、いかなる自己保存も、能力として持ち合わせていない。(このような体は死んでいる。物質的な外界が及ぼす力に服従しているにすぎない。したがって体は腐敗し、再び化学的な成分に分解される。)

 

すなわち、健康な状態のときにせよ病気の状態のときにせよ、物質的な体に生命を付与する非物質的な本質(生命原理、バイタルフォース)だけが、体に全ての感覚を授け、体の生命活動を生じさせる。

 

このバイタルフォース(生命原理)は、精神のようであり、体のあらゆるところに存在し、自発的に活動する。さて、人間が病気になると、本来こうしたバイタルフォースだけが、生命にとって有害に作用するダイナミックな病原因子の影響によって撹乱される。

 

このように異常な状態に撹乱された生命原理だけが、反抗的な感覚を体に授け、規則に反した活動をするように体を促すことができる。これを私たちは病気と呼ぶ。

 

生命原理そのものは目に見えることができない。体に働きかけたときにはじめて、それとわかるエネルギーである。したがって生命原理は、感覚と機能において病気を発現させることによってのみ、自分が病的に撹乱していることを知らせる(体が告げる唯一この側面が観察者および治療師の感覚にとらえられる)。

 

言い換えると、病気の症状によって知らせるのである。しかも、他の仕方では知らせることができない。

 

 

サミュエル・ハーネマン著 

医術のオルガノン第六版より抜粋

 

 

わたしたちは

ひとりひとりが星♡

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

対面でじっくり相談したい。

カウンセリングセッションを

お気軽にご予約くださいませ。

 

セッション詳細はこちらから

kyonowatasi.com

・ ・ ・ ☆ ・ ・ ・

スポンサーサイト

コメント