スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

"自信がないんです"

「自信がないんです。」

 

「取り柄がなにもないし。」

 

 

私も昔、同じことを言っていました。でも、人って変われるんですね。

 

 

「自信」とはなんでしょうか?辞書をひくと、

 

”自分の価値・能力を信ずること。自己を信頼する心。”

 

とありました。

 

自信がないとは、自分を信頼できない、ってことなんですね。

 

 

自分のことを、自分が信頼できないって、ちょっと問題ですよね。

 

なぜって、人生の創造主・クリエイターは、自分なのに、自分を信頼できなかったら、果たしてどんな人生になるのでしょう。

 

 

皆さまは、主演・監督・脚本、全て「自分」の、大作映画を、今、作っているところですけれども。

 

主役は自分ですか?あなたが脇役になっていませんか?

 

監督も自分ですか?親や上司がメガホン握っていませんか?

 

脚本が途中で変わったりしていませんか?ちゃんと自分が描いたシナリオですか?

 

 

自分がしっかり主役で、監督もがっつり自分で、主役が輝いている。面白くて楽しい作品になっていれば、あなたの映画(人生)は、きっと素晴らしい。

 

自分が主役だけど・・パッとしない。ストーリーも大して面白みがない・・

 

もし、あなたの映画が、今、そんな作品に仕上がっているのなら。

 

まだ遅くはないですよ。今後の展開を変えましょう。

 

だって、脚本家も、あなたですから。

 

監督の気分で、「このストーリー、やめやめ!」と舵きりして良いのです。

 

主演のあなたは、もっとこう表現したい。このセリフはこんな表情で言いたい!と自分を前に出して良いのです。

 

自由に自分の映画作りができるのが、人生のおもしろいところ。まさに、醍醐味ではないでしょうか。

 

 

自分に自信があっても、なくても、あなたは自分の人生を、日々クリエイトしているわけで、その証拠に、「2018年9月28日 これまでのあらすじ」が、すでに出来上がっているではありませんか。

 

でも、「2018年9月29日 これからのお話」は、まだ、編集可能。これからのストーリー、展開は、自分で変えられる。

 

自分で作るんですよ。誰も代わりにやってくれません。みんな、自分の作品作りで忙しいですからね。

 

ですから、自信がないとか、どうしたら自信がつくのかとか、そのようなことで悩んている時間があるのでしたら、今この瞬間が楽しくなる努力をして、映画の今後の展開がどうなるのか、これからのシナリオを、つくりましょうよ。

 

 

どうやって?

 

シナリオ作りにオススメの方法は、

 

 

 

ザ・ノートに書く。

 

 

 

 

はい。「夢ノート」です。

 

 

欲しいものを書いてもよし。

 

欲しい状況を書いてもよし。

 

なりたい自分を描いてもよし。

 

今後の展開を書いてもよし。

 

新しく登場人物を増やしてもよし。

 

欲しいもの、好きなこと、なりたい自分、環境、状況、人。

 

全部書いてください。

 

 

なぜか書いた通りになります。

 

そのノートを開くとうれしくなる。

 

そんな夢ノート。

 

そして、起承転結。

 

お話は、始まりがあって、終わりがあります。

 

映画も人生も、必ず終わる。

 

最後はどうなるのか。

 

それも、自分で、決められるんですね。

 

壮大な人生という大作映画。

 

あなたの作品は、今、どんな仕上がりをみせていますか?

 

本日も最後までお付き合いくださり、誠にありがとうございました。心より感謝御礼申し上げます。

 

 

 

  京都北山こんにちは今日の私       
  カウンセリング&スクール
  www.kyonowatasi.com

 

 

スポンサーサイト

コメント