スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

"グラウンディングで炎症は起きない"

昨年12月。ストレスや疲労で、目に炎症が起きたり、頚椎に痛みがあったり、背中が凝るなど、

 

様々な不調を持ってハワイに行きましたが、滞在して数日経った頃、不調が全部消えていたことに気がつきました。

 

 

 

エネルギーワークをする人にとっては、馴染みのある「グラウンディング」ですが、もっと気軽に、大地と肉体を繋げる「アーシング」。

 

「アース」をとることが、人間にも必要だそうです。

 

 

 

 

 


ハワイで体の調子が良くなるのは、1日中裸足でビーチにいるからかもしれません。

 

 

 

 

東城百合子先生の自然療法によりますと、ビーチで砂浴や、砂を持ち帰って布の袋に入れて、ベッドに敷いて寝るのでも、強力なデトックスになるそうです。

 

私たちは、病院に行く前に、もっともっと簡単に出来ることが、沢山あるのかもしれませんね。

 

 

本日も最後まで読んでくださり、誠にありがとうございました。心より感謝御礼申し上げます。

 

  京都北山こんにちは今日の私       
  カウンセリング&スクール
  www.kyonowatasi.com

 

 

スポンサーサイト

コメント