スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

イボを糸で縛ったら取れました。

いぼ除去体験記のコーナーです。

 

私は、自分の体にできたイボや皮膚疾患について研究・観察し、自然療法を使って改善した事例を、時々記事にしてご紹介しています。

 

過去に、頭皮のいぼを精油で取った事例をご紹介しましたが、実は私のいぼ人生は、あれで終わりではなかったのです。

 

イボとお過ごしの皆様は、きっとその見た目の醜さや、できる場所によって、小さなストレスを抱えていらっしゃることと思います。

 

私も、頭皮と首、デコルテといった、見えるところにできるイボに対しては、とても気になりましたので、早々に対策をとってまいりました。

 

これはあくまで私の経験上のお話になりますが、頭皮、デコルテ、首のイボに効きましたのは、精油の「オレガノ」でした。オレガノの他にも、ティーツリーやレモンなど、殺菌力の高い精油を使うことで、ウィルス性のイボを強力殺菌し、枯らしてしまうという方法です。

 

この方法で、殆どのイボは取れて解決したのですが、唯一、オレガノにも全く反応しないイボがありました。それが、私がかれこれ10年以上悩んでおりました、乳首のイボでございます。

 

乳首のイボとは、乳輪にできた3ミリくらいのツルっとしたイボで、乳首の真横にぽつっとできていました。乳首と、もう1つ小さい乳首がある、そんなようなものでした。

 

乳首は普段、隠していますので、気にせずに放っておいたのですが、オレガノが効くことを知り、乳首のイボにも試したところ、全く効果がなかったのですね。

 

それが悔しかったのもありますし、オレガノが効くイボと、効かないイボの違いについても気になっていましたので、様子をみながら、ホメオパシーのレメディをとってみたりと研究を続けていました。

 

ホメオパシーでも目に見える効果がないなあと思っていたある日、ある記事で、糸でイボの根元を縛って取る、という方法を知ります。

 

以前にも何度か聞いたことがあったのですが、当初、糸で縛ると聞いた時、糸でイボを引きちぎるのだと勝手に想像してしまい、なんという荒治療!と、詳細を知ることなくきてしまいました。

 

ところが、糸で縛るということは、引きちぎるのではなく、糸でイボの根元を縛っておくだけで取れる、というものだったことを知りました。なるほどと思いまして、この度、早速やってみたんですね。

 

おかしなことになってしまったら、素直に病院に行こうと思いながら、糸でキュッと縛り、かれこれ10日経った本日、10年以上悩んでいた乳首のイボが取れました。

 

あっけないほどに綺麗に取れてしまい、今までの悩みが何だったのかと、若干燃え尽き症です。去っていくイボさんに「ありがとう、ありがとう」と感謝の気持ちを伝えたから、トラブルなく取れたのかもしれません。

 

具体的なやり方は、こちらの記事を参考にしました。この方の体験談が私を救ってくれました。ありがとうございます。ただ、私の場合は10日かかりました。

 

さて、ここでイボのまとめですが、自己流のイボ治療を終えてみてわかったことです。それは、イボには2種類あり、「ウィルス性」と「老人性」があるということです。(細かくはもっと種類があるのだと思います。)

 

ウィルス性のイボは、飛びひしたりするので、触りすぎない方が良いですし、十分注意が必要ですが、このウィルス性のイボに効くのが、精油「オレガノ」ということになります。

 

オレガノは昔から、細菌やウィルス感染症の治療ハーブとして使われているものです。精油のオレガノは、ものすごく強力で皮膚を焼いてしまうレベルですので、直接肌につけてはいけない精油に指定されています。

 

このオレガノを、イボにほんの少しつけることで、ウィルス性のイボは、黒くなったり、かさぶたになったり、何らかの変化を遂げていき、小さくなったり、取れたりします。

 

オレガノをつけても反応のないイボは、ウィルス性ではなく、老人性のイボということになります。

 

老人性のイボでも、首のポツポツした突起のような小さなイボは、オレガノで取れるケースもあると思いますが、私の乳首のイボは、ウィルス性ではなく、老人性のイボだったのだと思います。

 

乳首に老人性のイボ・・恥。

 

この見分けがつかないと、治療法もわからないとは思いますが、まずはオレガノや殺菌力のある精油をつけてみて、様子をみてみることから始められると良いかと思います。

 

老人性のイボで、縛ることができる大きさでしたら、糸で縛っておけば、いずれ枯れて取れていきます。

 

こんなに単純にイボが取れてしまう方法があることを知り、私は感動いたしました。この体験が、イボでお悩みのどなたかのお役に立ちましたら嬉しいです。

 

*ご自分でのイボ治療はあくまで自己責任にてお願いいたします。

*オレガノは、皮膚を焼いてしまう程強い刺激がありますので、使用には十分ご注意ください。

 

 

本日も最後まで読んでくださり、誠にありがとうございました。

心より感謝御礼申し上げます。

 

 

 

  京都北山こんにちは今日の私       
  カウンセリング&スクール
  www.kyonowatasi.com

 

 

 

 

ココナラメール占い

スポンサーサイト

コメント