スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

きらめきおすし sushiyoshi 加藤あつみさん

食べることは生きること。
今日食べたもので、明日の体が作られる。
あなたをいただき、私ができる。
命の連鎖。

口に入るものをこだわる方が増えています。
産地や作り手の想いにこだわり、
本物の命をいただく感謝のお食事。
そこに注がれる一番大切な調味料
それは、「たのしく、おいしくいただく」
ということではないでしょうか。

日本のお料理は、
見て楽しい、食べて美味しい
の2度しあわせ構造になっていますね。
芸術鑑賞するように目からの情報を愉しみ
香り、食感、味わいという味覚に触れ
ああ、おいしい、ああ、しあわせ、
とあいなりますが、
この段階的幸福感を見事に満たしてくれるお方に
この度お目にかかりましたので、
ご紹介させていただきます。


加藤あつみさんがつくる、お野菜のおすし
茨木市 sushiyoshi



立春のお野菜すし
ひよこには菊花を
おはなには土筆を



春のお重箱のおすし



春のおすし
平目とボタン海老
紫いも、ラデイッシュ、ケールのとうナムル風
山ふきと苺が美味しい



初夏のおすし
オーダーランチ



水無月のおすし
鰹は漬けを
玉子は裏ごしをしてミモザに
スルメいか、パクチーの実とセロリの花



お弁当のデリバリーもお願いできます。
手亡豆と黒米のお弁当




あつみさんはお菓子もつくります。
秋のお菓子
クリームはraw cake のクラフトを
焼き無花果と紅玉と白小豆と一緒に



秋のお菓子
「星の王子さま」の薔薇をイメージして



バレンタインのraw cake
オーダーメイドでつくってくださいます。


いかがでしたか?
sushiyoshi 加藤あつみさんの世界観。
私はあつみさんのお料理を見た瞬間に
ハートを射抜かれまして、
昨日ついに、週に1回だけの
あつみさんのランチをいただきに、
大阪にうかがったのでございます。

お料理の、その美しさを遥かにこえて、
母なる大地の旬のお野菜が、あつみさんの
独自の感性と独創的なデコレーションによって
類希なる深い味わいの世界に、
私達をいざなうのでありました。

ぜひ一度、
あつみさんのおいしい世界、覗いてみてください♡


大阪・茨木市 sushiyoshi
加藤あつみさんのランチは毎週木曜のみ
要予約:
aaatsumi.1218@gmail.com

デザート付きランチ ¥1,200〜
デリバリーランチ ¥800〜
パーティ、ケータリング可(応相談)

sushiyoshi facebook
あつみさんinstagram




 

スポンサーサイト

コメント